• 02.人それぞれのやり方
  • HOME
  • 02.人それぞれのやり方
色鉛筆を持つ女性

セミナーに行ったり、コンサルを受けると、こう思ったことないですか?

みんな言っていることがばらばらで、
どれを聞いていいかわからないんだけど、、、。

これ、セミナーに行くたびに、
僕が心の何処かで疑問に思っていたことでした。

だって、本当に全員言うこと違いませんか?笑
どれを信じたら良いの?と。

この疑問って、
実は答えが出ていること知っていましたか?

人には得意なことがあり、それは人それぞれ違う

6人の人々

ちょっと以下の文章を読んでみてください。
さらっとで大丈夫です。

ウィンストン・チャーチルやマハトマ・ガンジーら偉大な歴史的リーダーを見てほしい。
彼らには類似点よりも相違点のほうが大きいことに気がつくはずである。
この相違点こそが、彼らの特徴であり、二人を成功へと導いた要因にほかならない。

チャーチルの勇敢で堂々たるリーダーシップは、
戦争で交配した国民の心を動かした。

彼がガンジーの穏やかで静かなアプローチを真似しようとしていたら、
あれほどの成功をおさめることはなかっただろう。

同じように、インド独立をめぐる戦いの最中に発揮された
ガンジーのリーダーシップは、

彼が過去の支配的なリーダーたちを
手本にしようとしなかったために、
いっそう効果的なものとなった。

ふたりとも自分の強みをよく知っており、

それを賢く活用したのである。

さあ、リーダーの才能に目覚めよう
ストレングスリーダーシップ
ストレングスファインダー

小難しいですね 笑

ざっくりいうと、「リーダーによってやり方が違う」
ということが書いてあります。

これ、結構本質的なこと書いてあると思いませんか?
歴史に名を残すような圧倒的な成果を出しているリーダーたちも、
結果を出すやり方がそれぞれ全然違っていた」ということです。

何が言いたいか?

前置きが長くなりましたが、
何が言いたいのか?というと、

今回のこの手法は僕はうまくいった

ということです。

何も自分が特別だ!と言いたいわけではなったくなく、
(そもそも思っていません笑)

「僕はあまり苦にならなかったですが、

もしかしたらあなたには苦手なことかもしれない」
という可能性があるということです。

この事を頭の片隅に置いて
記事を読んで頂けると嬉しいです。

何にでも誰にでも聞く万能なやり方はないよってことですね 笑
あったら便利ですが。

結局どうしたら良いの?

try
お伝えしたいことは、
「伝えている手法を100%信じ込まないで」
ということです。

少しぼやっとと捉えるくらいでいいです。
(俯瞰してみるといいますか)

今回お伝えしている手法は

「(工藤はうまく行った)手法」
ということですね。

で、結局どうしたらいいのよ?の疑問ですが、
これがベストアンサーです。

一回やってみる

これ。

成功者からのドバイスって、
なんだかんだで、的を射ていることが多いです。

でも、それが自分に合っているのか?がわからない。
じゃ、どうすればいいか?

一回やってみて、しっくり来ればやる、
しっくりこなければ積極的にはやらない。

です。

まずは、一回はやってみましょう。
せっかくアドバイス貰っていますしね。

それで、うまくいけばすごいラッキーじゃないですか。

たとえしっくりこなかったら、
「こういう手法もあるんだ、ゆるくやってみよう」
で全然OKです。

余談:ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーとは

アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が

「人は自分の弱みを改善するよりも、
自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」

という考え方に基づき開発したツールです。
Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

ストレングス・ラボ

工藤の資質はこんな感じでした

・未来志向
・内省
・最上志向
・学習欲
・達成欲

ストレングスファインダーの内容を知らない友人に話しても、
「工藤っぽいね笑」と言われます 笑
ストレングスファインダーのコーチの資格を持っている知人からは
「どこまでも頑張るタイプだね。
まぁ頑張って」
と言われました笑

関連記事

ストレングスファインダーについては、
facebookでも一度つぶやいてみました。

余談その2:謎のイベントで疑問が確信に変わる

先にお断りしておきますが、
下記完全に余談です 笑

この記事でお伝えしている、
「得意なやり方はそれぞれ違う」という考え方、
以前から「多分そうだろうなー」とは思っていなんです。

で、あるイベントで確信に変わりました。

「夢大学」というコミュニティの
お茶会みたいなのに参加したことがありまして。
(今考えると、完全にフロントエンドですね、これ 笑)

なんの会か?というと、
「若者みんなで夢叶えそうぜ!!」

みたいな会です。
(あ、宇宙とかそういうのは出てきません 笑)

友人に誘われて、渋谷のタワマンの飲み会?
みたいなのに行ったんですよ。

で、なんかいろいろな人がいて。
だいたい起業家か個人事業主が多かったですね。

ゆる〜〜〜く、歓談して。
後半戦で、こういう流れになったんです。

「せっかく優秀な人がいるから、

悩みとかある人の相談タイムにしよう」

ちょっと面白そう!と思って、
僕真っ先に質問しまして。

親友が二人いて、そのうち一人がすげーイケてないんです。

僕としてはやりたいこととかあって、
なりたい自分に近づいている方が人生楽しいと思うんですが、
本人はどうにも腐った感じでして。

皆さんだったらどうしますか?

工藤

これ、どういう回答が飛んでいたと思いますか?
質問を聞いている人は、男性も女性もいます。
若者の会なので、年齢はだいたい20代〜30代前半ですね。

どんなアドバイスだったか?

なんとなく、オチが見えている気もしますが 笑
どういうアドバイスが出てきたか?

全員言っていることが、全く違う

という結果でした。

ちょうど、この会に参加する前に、
「ストレングスファインダー」を読んでいました。

色々アドバイスを聞いたのですが、
僕が頭の中で考えていたことは、

成功している人のやり方はそれぞれ違う

やっぱりこれなんだ!と。

ところで、僕が放り投げた質問、
何故か大盛り上がりしてしまって 笑
10人くらい「俺なら(私なら)こうするよ!」
とアドバイスくれました 笑

中には「う〜ん」という感じでしっくりこないものもあれば、
「それだよね!」と同感できるアドバイスも。

だから、「しっくり来るアドバイス」だけ取り入れてやってみようと。
あれもこれも聞いても、どうせ全ては実行できないので、

なにかピンとくるものだけでも、
行動に移せればそれでいいんです。

元の記事へ戻る

01.マインドを読む

03.僕の必殺技を読む