お札が並ぶ

お金の使い方には種類がある?消費と浪費と消費の違いとは

普段、自分はお金の使い方を意識して
「これはどのようなお金の使い方なのか?」のように
に考えることが多いです。

先日、友人と話す機会がありましたが、
ほとんどの友人が考えていないことにびっくりした。

そして、考えていない友人は
口を揃えて「お金がない」と言っていることが多いことに気がついたので
お金の使い方の考え方について記事を書こうと思います。

1.お金の使い方の種類

お金を持つ男性

お金に使い方は
大きく3つに分けられます。

  1. 投資
  2. 消費
  3. 浪費

投資、消費はともかく浪費は抑えたいですよね。

2.お金の使い方の説明

電卓と家計簿?

では1.で挙げた
お金の使い方について説明していきましょう。

投資とは?

使用したお金以上の価値のあるモノにお金を使用すること。

と書いてしまうと
「スーパー閉店間際の50%OFF商品を書うことが投資?」
となってしまうかもしれませんが、そうではありません。

将来的に、使用したお金以上のお金を回収できる
可能性があるものへお金を使うこと。
と考えてください。

例を挙げるとすれば、

年収500万の人が
100万円かけてスクールに通い、資格を取得し
年収700万の仕事にキャリアアップする。

というようなお金の使い方です。

もちろん、資格取得など
具体的な変化がなくとも

旅行などに行って
気分をリフレッシュしたり
新しい経験を得たりして

仕事の効率がするのであれば
それは投資と言えます。

消費とは?

使用したお金と等価のモノにお金を使用すること。

「定価の商品を購入する」ことではありません笑

自分の目的に応じて、
お金を使用すること。
と考えてください。

例えば
実家に帰るための交通費や
時間節約のためのタクシー

食事関係
などのことです。

浪費とは?

使用したお金以下の価値のモノにお金を使用すること。

わかりにくい言い回しかと思います。

目的を定めずに、
衝動的にお金を使うこと。

と考えてください。

例えば
通販番組を見て
必要でもない家電を購入したり

着もしない服を購入したり。
いわゆる衝動買いというものは浪費に当たります。

最後に

財布を広げる男性

 

本日は「お金の使い方」についての話をしました。

今回お話したのは
本当に大きなくくりとしてのお話であり、

わかりやすく
現金換算できるものでのお話をしました。

「モノの価値」というのは人それぞれであると思います。

上記内容で
着もしない服を買うことを浪費と分類しましたが、

服をコレクションすることを目標にして
能力を向上させることができているのであれば

それは投資に当たるといえるかと思います。
(この場合目的を定めているので
浪費という定義からずれてはいますが)

逆に当てもなく英会話教室に通って
100万円使用し人生において
英会話がなんの影響も及ぼさず

人生が終わってしまったらそれは浪費になってしまいます。

大切なことは自分が今お金を使っている、
行動、対象は3つのうちどれに当たるのか。
考えることだと思います。

とはいえ、常に
「このガムを買うのは消費なのか、浪費なのか・・・
いや、このガムをかむことで仕事の能率があがるのだから投資・・・?」

なんて常に考えてたら疲れてしまいます。

ふとしたときにちょっと気をつけるようにするだけで
「浪費」を大きく削ることができるのではないか?
という提案をしたくこの記事を書きました。

読んでいただきありがとうございます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。